« 登記と連動している課税のシステム | トップページ | 机の周りと事件記録保管スペースの整理 »

2017年5月10日 (水)

住まれている地域と利用される金融機関

20170510今日は、被保佐人さん宅訪問。
そのまま一駅分歩いて、別件でお預かりしている通帳記帳に移動。

たまたま通り道にあったので、普段は通ることがない新大阪駅横の陸橋を渡ってみました。新鮮な景色。

成年後見と、自己破産や個人再生でも共通ですが、利用されている金融機関は、ご本人が住まれているエリアによって、明らかに違ってきます。

堺市内でも事務所の周辺にお住まいの方であれば、「ついで」の範囲で記帳に回れますが、エリアが違って、特に信金だとなると、電車に乗って出向かなければ、ということも。

午後からは、会社さんの登記の打ち合わせ。
うちの事務所は件数が限られていますが、5月の総会時期です。

自己破産の申立書類が整ったので、裁判所に発送。
今でも「申立は午前中に」が原則だそうなので、受付してもらう間の待ち時間をカットするため、堺支部での自己破産・個人再生の申立も、前日に書類を郵送しておいてから、保管金の納付に行くようにしています。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「自己破産」

|

« 登記と連動している課税のシステム | トップページ | 机の周りと事件記録保管スペースの整理 »

司法書士の日常」カテゴリの記事