« 役所から住民税の決定通知書が届いて… | トップページ | 予備の応接スペースに「木足スツール」設置 »

2017年5月20日 (土)

司法書士事務所と適正な規模

Dsc_panfuあるところで「依頼する司法書士事務所は、○名以内の事務所のほうがいい」という記述を見て、なるほどなーと。

司法書士事務所の運営。
どんな組織でも同じでしょうけど、良くも悪くも、トップの方針、感覚、考え方、価値観に左右されます。

しかし、大きくなり過ぎるとトップの目が届かなり、その分、サービスが雑になる可能性が出てきます。

例外として成り立つのは、定型化しやすい不動産登記専門の事務所か、過払い・任意整理専門の事務所でしょうか。もしくは、「雇われ」ではなく、例えば公証役場のように責任者が複数いれば、×人数分のサイズにすることは可能です。

今の私の事務所は4人(うち、司法書士が3人)。一番多い時で5人でしたが、私の能力ではそれが限度。

そんなことで、「規模が大きいからいい」というわけではないし、ましてや、「司法書士法人だからいい」というわけではないし、より良いサービスを提供するには、適正なサイズがあると思っているので、「○名以内」の記述には共感でした。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト「事務所の特徴」

|

« 役所から住民税の決定通知書が届いて… | トップページ | 予備の応接スペースに「木足スツール」設置 »

司法書士の日常」カテゴリの記事