« 南北と東西の移動に分けて分担 | トップページ | フリーダイヤルは予約専用ダイヤルに »

2017年4月18日 (火)

当事者として関与する消費者金融と不動産売却

Dsc_kouken年金事務所で、被後見人さんの年金調査。
「本人の委任状は…?」に始まり、最初から最後までちぐはぐな対応でした。

引き続き、被後見人さんの取引履歴開示の方法を確認しようと、消費者金融に電話。

こちらも、「成年後見人」と言うと何度も担当者が変わられ、最終的に案内されたFAX番号は、うちのコピー機に登録された番号と同じ。もしかしたら、電話番号から司法書士だと知られていたのかもしれませんが。

続いて、売却を進めていた被後見人さんの不動産に買い付けが入ったので、裁判所に申し立てする「居住用不動産の売却許可」に着手。

不動産売却の手続きも、成年後見人として自分が当事者になってみるとまた感じることがあって、「不動産は購入よりも売却のほうが難しい」が印象。当事者として得た感性は、司法書士業務に生かします。

|

« 南北と東西の移動に分けて分担 | トップページ | フリーダイヤルは予約専用ダイヤルに »

司法書士の日常」カテゴリの記事