« GW期間中の営業は暦通りです | トップページ | 「やることがなくなる」ことはない現実 »

2017年4月29日 (土)

ベッドカバーから伝わる組織のセンス

20170429_2ベッドカバーの話は司法書士業務に関係ありませんが、最後は無理やり結びつけます。
4月24日の日経夕刊に、「出張快適 ホテル選び術」「シーツは白・立地は駅近」という記事がありました。記事から引用します。

「シーツやタオルなどリネン類の色が無地の白だと汚れをごまかせないため、掃除が行き届いている可能性大」「ベッドの上にカバーと布団を兼ねた羽毛布団があけてある『デュベスタイル』なら肌に当たる部分が常に清潔」(いずれも記事の表現のまま)

私の中にも、宿泊先のホテルを選ぶ時、ベッドカバーをチェックする習慣があります。

汚れの問題はともかくとして、赤の花柄カバーだったりすると、もうそれだけで「一昔前の施設だな」ということでNG。たかがベッドカバーですが、ホテルのセンスが伝わってしまいます。

司法書士事務所でも、「センス」と「見た目」のポイントはあります。「この司法書士は遅れてるな~」とならないためには、まずは内面からです。

|

« GW期間中の営業は暦通りです | トップページ | 「やることがなくなる」ことはない現実 »

事務所経営論」カテゴリの記事