« フリーダイヤルは予約専用ダイヤルに | トップページ | ひとりの患者の前では唯一の存在で居れる »

2017年4月20日 (木)

大学ノートにメモする原始的な方法が一番

Dsc_4740被保佐人さん宅の定期訪問。
生活費の補充と、ヘルパーさん間で交わされている連絡ノートを確認し、最近の体調等の情報をもらいます。

事務所の中でも、個々の被後見人さんらごとに、1冊のノートを作っています。

最初の頃はシステムの画面上に入力していましたが、システムを「開く」こと自体が手間で、こまめなメモができません。そのうち、病院等、外でメモを取らないといけないことが増えたことがあって、今のところ、後見等の業務については、大学ノートに手書きしていく方法が一番だ、という結論になっています。

関係者の名刺も、遠慮なくベタッと糊で貼り付け。

きれいに保存するよりも、分かりやすさ、必要な時に必要な情報を取り出せること優先です。

|

« フリーダイヤルは予約専用ダイヤルに | トップページ | ひとりの患者の前では唯一の存在で居れる »

司法書士の日常」カテゴリの記事