« 時間的にも経済的にも余裕が必要 | トップページ | 一人の司法書士が言ってることの根拠 »

2017年4月26日 (水)

年金収入と金融資産の関係

201704268時半に、堺支局に登記申請。
完了書類の回収もして、堺東8時40分の電車に乗って事務所に戻ります。

被後見人さんの口座開設。
生活費の入出金用の口座は、ATMが便利な場所にあるか、土日の出金=緊急時の出金に手数料が要らないか、硬貨の出金ができるかがポイント。

その後は、まとまった時間を事務仕事に費やします。
・相続登記と遺言書作成のお見積もり。
・後見の就任時報告の発送。
・法テラスに法律扶助の申し込み。
・臨時福祉給付金の申請。

臨時福祉給付金の制度が矛盾しているのは、住民税課税の有無が基準になっているので、一生かかっても使いきれない程度の金融資産を持たれている方についても、収入が少なければ支給されること。かつ、そこには相応のコストがかかっていること。

私が関与している限り、年金収入の多さと金融資産の多さは必ずしも比例していないし、消費税アップの影響とは関係のないレベルで生活されてる方に支給しても、という現実を目にしています。

|

« 時間的にも経済的にも余裕が必要 | トップページ | 一人の司法書士が言ってることの根拠 »

司法書士の日常」カテゴリの記事