« ひとりの患者の前では唯一の存在で居れる | トップページ | 事務所の窓に反射するようになった日差し »

2017年4月22日 (土)

何でもかんでも携帯宛も時代の流れ?

20170422今日は、新規のご相談。
他の予定がなかったので、1時間半近く、ゆっくりとお話し。

午後からは事務仕事と、事務所の掃除はいつもより丁寧に・・・。
風の強い日が多いせいか、何となくザラザラ。窓も汚れている気がしますが、普段は目に入らない埃も取り除きます。

そして、被保佐人さんが入院中の病院から携帯に着信・・・。

また土曜日に??と、一瞬のうちにも、いろいろなことを考えて応答したところ、「入院代金のお知らせです」と。

受けてとしたら、そんな用件で、わざわざ携帯を鳴らさなくても…というところですが、一度携帯の番号を教えてしまうと、何でもかんでも携帯宛。こういうのは、図太く慣れるしかありません。

|

« ひとりの患者の前では唯一の存在で居れる | トップページ | 事務所の窓に反射するようになった日差し »

司法書士の日常」カテゴリの記事