« ベッドカバーから伝わる組織のセンス | トップページ | 月末が休日の場合の返済日 »

2017年4月30日 (日)

「やることがなくなる」ことはない現実

20170430来週は2営業日のみ。
体力的にも精神的にも余裕があるので、昨日今日は、ほぼ事務所の中に籠っていました。

天気が良かったので、時の流れも緩やかに感じます。

誰も来ない(はず)と思い、ズボンの着替えを持って来て、部屋着で仕事していました。

目の前のお仕事は落ち着いていますが、どこまでいっても「やることがなくなること」はない。それが自由業であり、専門職である司法書士としての時間の感覚です。

しかし、それだけの労力を費やす価値のある職業だと思っています。

脇に避けられて、窓枠のところにも積み上げられた書籍。
書類や書籍の整理もこの機会に。

|

« ベッドカバーから伝わる組織のセンス | トップページ | 月末が休日の場合の返済日 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)