« 不動産の売却、建物解体と動産の処分 | トップページ | 「療養型」の入院病棟から伝わる現実 »

2017年3月 1日 (水)

堺東は税務署と法務局が同じ建物にあるので…

Dsc_5027今日は、被後見人さん転院先の病院の面接。

病院に入れてもらうのに面接が必要、というのも初めての経験ですが、後見人が居ても、親族の面接が必要な病院もあるようです。

堺東の用事は、法務局で根抵当権抹消登記の申請。

破産の開始決定が出たので、裁判所から決定書を預って、依頼者に郵送。
裁判所にも、債権者のあて名書きして、切手を貼った裁判所の封書を郵送。

スタッフが、税務署に確定申告書も出して来たいと言うので、郵送にしておく方がいいよ、と。

堺東は、法務局も税務署も同じ建物にあるので、確定申告書の提出コーナーに長い列ができているのを日常的に目にしていますが、わざわざ並ぶ必要のない列です。

|

« 不動産の売却、建物解体と動産の処分 | トップページ | 「療養型」の入院病棟から伝わる現実 »

司法書士の日常」カテゴリの記事