« 相続手続きで必要な役所への届出 | トップページ | 相続手続きが同時並行で進行中 »

2017年3月21日 (火)

経験不足と共に抱え過ぎるのも問題

Dsc_6420_3朝から岸和田家裁で後見の面接。

参与員から「今何件受けていますか」と聞かれたので、「進行中で9件です」とお答えすると、「それくらいなら大丈夫ですね」と。少ないと、経験不足でダメだという趣旨の質問かと思いましたが、逆で、抱え過ぎていると問題だという意味のようでした。

そのまま貝塚市役所に。
相続手続きのための戸籍謄本の収集をして、相続登記の申請。

事務所に戻ると、どうなっているのかと思うくらい、お問い合わせが続きます。あと少しだけ大丈夫ですが、3月中のお約束を入れるのは、難しくなってきました。

夕方は、被後見人さんの病院を訪問。
胃ろうはしないほうがいいと考えてましたが、医師からすると、実は身体に負担が少ない方法であると、そう勧められることが続いています。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「成年後見(法定後見)」

|

« 相続手続きで必要な役所への届出 | トップページ | 相続手続きが同時並行で進行中 »

司法書士の日常」カテゴリの記事