« 司法書士事務所の立地と目立つこと | トップページ | 便利なサービスには相応の対価が必要 »

2017年3月 6日 (月)

入院手続きに付随する打ち合わせ

20170306今日は、遺産承継の手続きの打ち合わせ。

相続登記の関係書類へのご捺印と共に、生命保険金の請求書へのご捺印。仲介業者さんのご紹介。土地家屋調査士さんへの見積もりのお願い。

その後は、被後見人さんの転院の手続き。
ご家族の方にも居てもらえたからよかったものの、医師との延命措置に関する打ち合わせは、後見人として難しいこと。

3月3日の日経夕刊には、「安易な救命中止 警鐘」という記事がありました。

日本集中医療医学会が、「救命の見込みがあるにもかかわらず終末期の患者と判断し、必要な治療が行われていない懸念があるとして、医師や看護師らに対し治療方針を慎重に決めるよう求める勧告を出した」(記事から引用)とのことですが、延命措置というのは、想像以上に広い概念。

何をどこまで…というのは、時と場合にもよるし、医師の考えご家族の気持ちもあるし、とても難しい問題です。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「遺産承継(相続財産管理)」

|

« 司法書士事務所の立地と目立つこと | トップページ | 便利なサービスには相応の対価が必要 »

司法書士の日常」カテゴリの記事