« 19時まで回収してくれる郵便ポスト | トップページ | 「できる」という判断は責任・覚悟と共に »

2017年2月15日 (水)

相続登記に必要となる「除籍謄本」等

Dsc_tennoujiあれやこれやとやることがある中、集中して机に座って居られない。

ということで、大阪市内の戸籍収集。3件まとめて天王寺のサービスカウンターに。

いずれも相続手続きのためですが、司法書士の職務上請求が2件、行政書士の職務上の請求が1件。除籍謄本の保存期間経過で、区役所から破棄証明の取り寄せに時間がかかるということで、昼食食べて時間を潰します。

除籍謄本の保存期間は、平成22年までは80年。
現在は150年になっていますが、過去に破棄されてしまった除籍謄本は取れません。

金融機関に、登記完了書類をご返却。
会社さんを訪問し、定款変更の登記書類にご捺印。二往復。

いずれもお近くなので、移動時間がかからないということが、どれだけメリットがあることか。

夜は、お客様宅で生命保険のご相談。
保険のシステムも、裏側からお話しすると、なるほどねーと理解を深めてもらえます。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「相続登記必要書類」

|

« 19時まで回収してくれる郵便ポスト | トップページ | 「できる」という判断は責任・覚悟と共に »

司法書士の日常」カテゴリの記事