« 「できる」という判断は責任・覚悟と共に | トップページ | 勉強も研修もお客様の役に立つことが目的 »

2017年2月17日 (金)

確定申告でも裁判所への報告でも同じこと

Dsc_5027今日も引き続き、公告の準備からスタート。
途中で登記担当のスタッフが私用で帰りましたが、また戻って来てもらいました。

合併の公告でも資本金減少の公告でも、1か月以上前に申し込みをして、1か月以上の公告期間を確保しないといけない。途中で間違いが見付かっても手遅れ。

一人でやると、どんなに気を付けていても、間違いや見落としが生じるものなので、二重のチェックが鉄則です。

堺東には、今日が期限の自己破産の追完書類の提出。
併せて、開始決定が出た破産決定書をもらってきました。

今月が報告月になっている後見関係の報告は、2件裁判所に提出。

「確定申告だ」と慌てる人がいるとすれば、それは日々の記帳ができていないから。後見関係の報告も同じで、日々の記録ができていれば、それを集計したり、コピーを取ってたりして、形にするだけです。

|

« 「できる」という判断は責任・覚悟と共に | トップページ | 勉強も研修もお客様の役に立つことが目的 »

司法書士の日常」カテゴリの記事