« 売買も当事者になると見え方が変わる | トップページ | 確定申告と司法書士会への業務報告の季節 »

2017年1月19日 (木)

自己破産と個人再生には「まとまった時間」が貴重

Dsc_6393今日の来客は、相続の新規相談。
自己破産の打ち合わせ。

その後は、昨日に続いて、事務仕事に専念です。

個人再生の申立準備と、成年後見業務については、リーガルサポートへの報告書の送信が2件。「少しだけ」「まとまった時間」が取れれば、ぐっと仕事が進みます。

免責決定が出た自己破産については、免責決定書を依頼者に送付。
開始決定が出た自己破産事件は、書類の整理。しばらく「パンチで穴を開けて綴じる」という単純な作業をする余裕がなかった。

ちょっとした時間も貴重、まとまった時間も貴重。

年明けから取り入れたガスファンヒーター。
エアコン&加湿器とは比べ物にならない暖かさは、快適です。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「自己破産」

|

« 売買も当事者になると見え方が変わる | トップページ | 確定申告と司法書士会への業務報告の季節 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)