« 書類作りに専念できた一日 | トップページ | わずかな「まとまった時間」が貴重 »

2017年1月18日 (水)

売買も当事者になると見え方が変わる

Dsc_6389_2今日は、不動産売買の立会い。
司法書士として、登記の申請代理人でありながら、売買の当事者の一人でもありました。

不動産の売買取引。普段は業務として取り扱っていることも、自分が当事者になると「登記」は一部分。見え方が全然違います。

売買契約書や重要事項説明書も、普段は気にならないことが気になったり。
難しいことを説明されているけど、「分からない」と言えないから、とりあえず分かったことにしておこう・・・とか?

そういうことって、もしかしたら、日頃、私もお客様から思われていることかもしれません。

何事も経験。いくら司法書士だからって、いくら業務で取り扱っても、自分が体験しないと分からないことはたくさんある、ということです。

その後は、昨日に続いて事務仕事に専念。
自己破産をクリアすると、次は月末が報告期限の成年後見案件が待っています。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「不動産登記」

|

« 書類作りに専念できた一日 | トップページ | わずかな「まとまった時間」が貴重 »

司法書士の日常」カテゴリの記事