« 臨時の収入が出ていくのを止めること | トップページ | 司法書士会への業務報告のついでに »

2017年1月26日 (木)

なぜか小さく書かれているFAX番号

Dsc_6420今日は、堺支部に自己破産の申し立てが4件。
控えのファイル、4件分になるとそこそこの分量。程度の差はあれ、1枚1枚の書類、何らかの形で目を通していることになります。

債権者には個別に、破産の申し立てが終わったことの通知。
裁判所でもらった受付番号を記載して、FAXで送信します。

普段、私自身はやらない作業ですが、やってみると発見があるもので、債権届出書に書かれたFAX番号に「半角」「小さな文字サイズ」を使われていると、読みづらい。

それが、FAXで送られてきた書類であれば、文字が潰れるのでなおさら。誤送信の元です。

(誤送信防止のために、「FAXは利用しない」としているカード会社もあります)

一時は頻繁に送信していた、大手消費者金融のFAX番号は「短縮」に登録されていますが、今日、FAXを送信した債権者の中には、1件も含まれていませんでした。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「自己破産」

|

« 臨時の収入が出ていくのを止めること | トップページ | 司法書士会への業務報告のついでに »

司法書士の日常」カテゴリの記事