« 司法書士介入後に訴訟を起こされる場合 | トップページ | 年末申請の不動産登記が完了して一区切り »

2017年1月12日 (木)

親族間の負担付贈与(住宅ローンあり)

Dsc_6368今日は夜から、泉南市でお客様の会議に出席。

途中で抜け出させてもらって、23時の電車に乗車。帰宅は日付が変わりそうだったので、とりあえず電車の中で投稿です。

こんな時に思うのは、お客様から必要としてもらえているかどうか。

必要としてもらえるのであれば、少々の無理は利きます。報酬はいただくので『報酬は関係ない』ことはないですが、かといって、報酬さえもらえればいい、というわけでもありません。

さて、今日は、午前中は私用でリフォームの打ち合わせ。
昼からは、成年後見人として家族さんとの打ち合わせ。
夕方は、税理士さんとの決算の打ち合わせ。

完了してきた登記では、親族間の名義変更。売買では住宅ローンが下りず、なぜか『負担付贈与であればOK』という保証会社の見解に沿って進めた案件もあります。

税金面の手当ては必要ですが、この手法が使えるならば、『親族間の売買には住宅ローンが下りない』という常識を覆すことができるかもしれません。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「生前贈与」

|

« 司法書士介入後に訴訟を起こされる場合 | トップページ | 年末申請の不動産登記が完了して一区切り »

司法書士の日常」カテゴリの記事