« 経営者の思いを理解するために必要なこと | トップページ | 自己破産と同居の家族の資産状況 »

2016年12月 1日 (木)

「月末の締め」から解放された結果

Dsc_5471いよいよ12月がスタート。
「月末の締め」から解かれたのか、「次の予定」。12月に予定している不動産売買の打ち合わせなど、電話も多かった一日でした。

新規のご相談は、ご紹介で。
ありがたいことに、「ここに行くと親切にしてもらえる」と聞いて来られたとのことですが、紹介者のお名前は、過去の受任記録になかったです。

どこでどのように伝えてもらえるか。
自分の知らないところで良いように広めてもらえるか、悪く広められるか、分からないということ。

定款認証が1件。会社設立の登記申請が2件。
スタッフが公証役場に行って、定款認証が終わった旨のメールがオンラインシステムから届くと、私は法務局にデーターを送信。スタッフはそのまま法務局に書類を持ち込み。

会社の本店が泉南市でも阪南市でも、管轄する法務局が堺支局なのは、堺にいる司法書士としてはありがたい環境です。

|

« 経営者の思いを理解するために必要なこと | トップページ | 自己破産と同居の家族の資産状況 »

司法書士の日常」カテゴリの記事