« 「家族葬」も時代の流れ | トップページ | たくさんいただくカレンダーの中から »

2016年12月25日 (日)

建物がなくなると固定資産税が高くなる?

Dsc_6059今日はお休みの解体工事でしたが、法務局の営業日はあと3日。
大きな建物になると、固定資産税だけでも相当な金額になるでしょうから、年末の時点で滅失になっているのかどうか、気になって見ています。

一方、一般の住宅用の建物で、建物を滅失すると固定資産税がどうなるのか。

建物の固定資産税がゼロになることより、建物がなくなることで土地の固定資産税が高くなることのデメリットのほうが大きくて、「年をまたいで滅失したほうが有利」という計算をしたことがあります。

話は戻って、法務局の営業日はあと3日。

2日間、ほぼ仕事ができなかったので、今日は平日と同じようなスピートで事務仕事をやり続けました。まだまだ追いつけないのが厳しいところですが、お正月くらいはゆっくりできるように、今は仕事をします。

|

« 「家族葬」も時代の流れ | トップページ | たくさんいただくカレンダーの中から »

司法書士の日常」カテゴリの記事