« 「結果」に救われたことを感じた日 | トップページ | 土曜日開催の不動産売買 »

2016年12月16日 (金)

「しかるべく」ってどういう意味?

Dsc_6009旧清恵会病院の解体が進んで、建物の向こう側が見えるようになってきました。最終的にどんな景色になるのか、楽しみです。

さて、嵐のような4日間が過ぎて、今日は外出の予定なし。

しかし、積み上がった事務仕事を整理するので精一杯で、追いつけるのはもう少し先です。

後見人として家庭裁判所に相談票を出していた件は、書記官から「しかるべく、ということで進めて下さい」と電話が入りました。

「進めて下さいということは、OKの意味よね?」と『しかるべく』を検索したところ、

グーグルで一番上に出てきた『goo国語辞典』では、「慣例的に法曹が法廷などで同意や異議なしの表明の際に用いる」とありました。司法書士の世界では使わない言葉、日本人なのに、知らない日本語があるという現実。

|

« 「結果」に救われたことを感じた日 | トップページ | 土曜日開催の不動産売買 »

司法書士の日常」カテゴリの記事