« 失敗話には共通項があるということ | トップページ | 「しかるべく」ってどういう意味? »

2016年12月15日 (木)

「結果」に救われたことを感じた日

Dsc_6006冷え込みが厳しくて、車の霜がなかなか落ちない朝。

午前中は、堺市内で不動産売買の立ち会い。
売主さんが買い替えということで、2つの売買が同時進行。登場人物も多くて事前の準備も大変。

携帯電話での発着信が飛び交います。

不動産売買の取引に限りませんが、「今までうまくいけているから」という慢心は禁物。
「結果」に救われていることは、普段からある、ということです。

事務所で落ち着く間もなく、堺市内の法人さん訪問。
被後見人さんの病院訪問。

事務所に戻って、夜は打ち合わせ。
きっと、一年のうちで一番慌ただしかった4日間が終わります。

|

« 失敗話には共通項があるということ | トップページ | 「しかるべく」ってどういう意味? »

司法書士の日常」カテゴリの記事