« 「最後は自然のままに」は難しい | トップページ | ひとりで事務所に居る時間 »

2016年11月17日 (木)

「柔軟性」と「芯」が必要なお仕事

Sakaihigashi今日は、被保佐人さん宅のご訪問。
そのまま、被後見人さんの施設。
もう一件、被補助人さん宅を回るつもりでしたが、事務所内の予定優先で、アポを取る前に事務所に戻りました。

今日は、最近にしては少ない目で6,745歩。
昨日は12,907歩。

体力が落ちたらやっていけないな~というのと、メンタルも強くないと。

「強く」というより、右に引っ張られても、また真ん中に戻れる。
左に引っ張られて伸びても、また元に戻れる。

元に戻れるとしても、すぐに戻れることもあれば、10日、2週間と引きずってしまうこともあります。

成年後見に限ったことではないですが、司法書士の業務は柔軟性。それと、太い芯・軸がないとやっていけないなーということを感じる日常です。

|

« 「最後は自然のままに」は難しい | トップページ | ひとりで事務所に居る時間 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事