« 例の靴屋さんがコンビニになっていた | トップページ | 「当たり前」は時と共に変化していくもの »

2016年11月 8日 (火)

山を乗り越えても楽にはならない

Dsc_file今日の外出は、被保佐人さん宅のご訪問のみ。
後は、事務所で事務仕事。

遅れ気味の事務仕事。

もう少しで遅れが解消できそうなところまで来ていますが、「そろそろ進めないと」と気になっているところでお客様から電話があったりすると、ドキっとします。

たいていは違う話だったりして、あーよかったと思うのですが、個々のお客様には、全体のことは関係がないこと。実は、「早くしてよ」と伝えられたいのかもしれない、ということも、理解しています。

それと、「これさえ進めば少しは楽になる」と思って、やっと乗り越えた。
さあ楽になるかと思うと、楽にはなりません。

ひとつの山の向こうには、また次の山。
ホッとする一瞬はあっても、楽になることはない、のが司法書士の日常です。

|

« 例の靴屋さんがコンビニになっていた | トップページ | 「当たり前」は時と共に変化していくもの »

司法書士の日常」カテゴリの記事