« 予備の応接スペースが役立つ場面 | トップページ | 必要な情報を詳しく分かりやすく »

2016年11月 1日 (火)

消滅時効援用という債務整理の手段

Panfu今日は、来客が1件。出先での打ち合わせ1件。
残りは事務仕事で、相続登記の申請が2件、役員変更登記の申請など。

消滅時効援用の手続きは、2名様分が完結しました。

うち1件は裁判を起こされていましたが、「すでに消滅時効が成立している」旨の主張をすることで、すぐに取下げ。

裁判をされている時のほうが、取引履歴で最後の返済日が確認できたり、「期限の利益喪失日」が記載されていたり。ある意味、時効になっているかどうかの判断がしやすい部分があります。

しかし、裁判所から書類を受け取られた時点では、消滅時効のことをご存知なかったとのこと。

うちのパンフレットを見ても、債務整理のところに消滅時効が載っていませんが、次に改訂する時には『過払金の返還請求』をカットして、『消滅時効の援用』を入れようか、と。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「消滅時効の援用」

|

« 予備の応接スペースが役立つ場面 | トップページ | 必要な情報を詳しく分かりやすく »

司法書士の日常」カテゴリの記事