« 利便性を考えると「駅直結」が理想 | トップページ | 山を乗り越えても楽にはならない »

2016年11月 7日 (月)

例の靴屋さんがコンビニになっていた

Dsc_5839今日は、相続登記の打ち合わせ。
必要な書類をきっちりと整えて来て下さったので、その日のうちに遺産分割協議書を作成してご郵送。

亡くなられた方の本籍地がずっと一緒であれば、「相続に使うので、ここにある戸籍謄本は全部欲しい」と言えば、役所の窓口の人には伝わります。ところが、本籍地を転々とされていて、それがまた遠方の役所にとなると、集めるだけでも結構大変なのが戸籍収集作業です。

夕方からは、大阪市内で自己破産申立のための打ち合わせ。

西天満6丁目の交差点にあった、有名な「もうあかん、やめます」の靴屋さんの跡地。きれいなコンビニになっていました。オープン直前の様子。

あれだけ印象的だった「例の靴屋さん」も、なくなってしまえばすっきりとして、前からコンビニだったように見えます。不思議なものです。

|

« 利便性を考えると「駅直結」が理想 | トップページ | 山を乗り越えても楽にはならない »

司法書士の日常」カテゴリの記事