« 「当たり前」は時と共に変化していくもの | トップページ | 分割弁済の交渉における貸金業者の対応 »

2016年11月10日 (木)

登記書類における住所・氏名の署名

Dsc_4574_3朝、事務所で一人の時に、予約なしの来客続き。

費用のお届け、書類のお届けなので、大丈夫ではあるのですが、予定していないと慌てる部分もあり。物理的な準備に加え、気持ちの準備も必要なのです。

午後からは、金融機関での契約に立会い。

書類がたくさんになる中、『登記用』として事務所で作成した書類に関しては、「住所」を予め印字していてあったので、それだけでもご負担が軽くなられた様子でよかった、と。

しかし、個人の方については、「住所」は印字でも、「氏名」は自署を基本にしています。

特に法務局でルールがあるわけではなくて、氏名も印字で登記は通るのですが、実印を押してもらう場合でも、お名前は自筆で書いてもらうようにしています。

夕方は、相続登記の書類のお預かり。
夜は、相続手続きの打ち合わせ。

|

« 「当たり前」は時と共に変化していくもの | トップページ | 分割弁済の交渉における貸金業者の対応 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)