« 不要と思うことにはストップをかけてみる | トップページ | 「磯丸水産」の持ち帰り丼 »

2016年10月26日 (水)

客観的で広い視野が必要ということ

Dsc_5663今日は、保険見直しの相談。
相談といっても身内のことなので、客観的には見られません。「これを削って何か起きたらなー」と考えると、保障はいくらあっても足りなくなります。

「感情」が入ると、冷静に物事を考えられなくなくなるのです。

日頃の業務に対するスタンス、「お客様の立場に立つ」が大事なのは大前提。損得だけで物事を判断できないのも当然のこととして、それと共に、専門家でないと持てない、客観的で広い視野が必要だということ。

新規のご相談は、自己破産の受任。

最近は、自己破産の受任件数がどんどんと増えていますが、受任した件数に見合う申立ができていません。解決していくには、依頼者の方との足並みを揃えて・・・というところです。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「自己破産」

|

« 不要と思うことにはストップをかけてみる | トップページ | 「磯丸水産」の持ち帰り丼 »

司法書士の日常」カテゴリの記事