« 親族と司法書士が複数で後見人になる場合 | トップページ | コインパーキングの料金格差(三国ヶ丘と西天満) »

2016年10月 4日 (火)

よく分からないうちに膨らむカードローンの借入

Dsc_5722自己破産申立書類の中に、借金が増えた事情=「具体的事情」を文章で書く部分があります。

『生活費不足の場合には、当時の月収と、1か月当たりの生活費及び債務弁済月額等をなるべく具体的に記載してください』という注意書きがあるので、

資料から読み取れた情報を元に、ご本人から事情をお聞きして、文章を作っていくことになりますが、裁判所から「もっと具体的に」と指摘されることや、「どうして借金をしたのか分かりません」と言われることもあります。

収入が減った、何か大きな支出があった。
カードローンでお金を借りるのに、分かりやすい理由があればいいですが、ご本人にお聞きしても、結局「よく分からない」ことも少なくなくて、それでも膨らんでいく可能性のあるのがカードローンによる借金。

借りる予定がなくてもDMが届いたり、口座とセットで契約させられたり・・・。
身近にあるからこそ、気を付けないといけないのがカードローンです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「自己破産」

|

« 親族と司法書士が複数で後見人になる場合 | トップページ | コインパーキングの料金格差(三国ヶ丘と西天満) »

お金の話」カテゴリの記事