« お客様のメリットは自分たちのメリットに | トップページ | 登記費用のお見積りにも資料が必要 »

2016年10月22日 (土)

今も生き残る司法書士受験時代の基本書

Dsc_5755最近は、調べ物が多くて、事務所内あちこちに専門書が散らばっています。

そんな中で立派に生き残っているのが、20年以上前に使っていた、司法書士受験時代の基本書。セロテープで補修してあったり、ボロボロになっていますが、中にレジュメを切り取って貼り付けてあったり、オリジナルな物に仕上げられているのが助かります。

子供の頃、なんで勉強しなくてはならないのか、わけも分からずに勉強していました。後でどう役に立つかなんて、見えていません。

司法書士の受験時代も同じ。
とりあえず司法書士の試験に合格することが目標であって、その時に作っていたノートが、20年後に司法書士の業務に役に立つとは思っていませんでした。

先のことが見えなくても、その時にやれることをやっておくことが、大事であること。それを後になって気付いても遅いので、「やってて良かった」と思えるようにしたいものです。

|

« お客様のメリットは自分たちのメリットに | トップページ | 登記費用のお見積りにも資料が必要 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)
「分野別 取扱い件数」更新しました(2020.05.04)