« 同じ「モノ」なら安いほうがいいのは当然でも | トップページ | 記憶に残る日本シリーズ »

2016年10月29日 (土)

自己破産をたくさん取り扱う中で見えてくること

Dsc_5772今日は、新規のご相談が2件。
個人再生の申立、自己破産の申立の手続きを受任。

これで、申立準備中の自己破産は10件、個人再生は1件となりました。裁判所に申立済みの案件を含めると、もう少し多い件数が動いています。

個々の依頼者ごとに内容が違って、ご事情も違いますが、特定の業務を多く取り扱っていると、全体から見えてくること、分かってくることもあります。

自己破産の件数が増えているのは意図したことではないのですが、ひとつの流れだと受け止めて、分厚いファイルに向かい合います。

昼間は事務所を抜けて、スーパー銭湯に。
「椎間板ヘルニア」だと分かってから、ご飯を食べに行く以外、仕事以外にはどこにも出掛けていなかったので、ささやかな気分転換でした。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「自己破産」

|

« 同じ「モノ」なら安いほうがいいのは当然でも | トップページ | 記憶に残る日本シリーズ »

司法書士の日常」カテゴリの記事