« 自己破産をたくさん取り扱う中で見えてくること | トップページ | 予備の応接スペースが役立つ場面 »

2016年10月30日 (日)

記憶に残る日本シリーズ

Dsc_5473写真は、7月28日、京セラドーム大阪での巨人VS広島戦。
ビジターなのに、迫力がありすぎる広島ファンの応援を見ていると、本当にファンに愛されている球団なんだな~と感じたものです。

今年の日本シリーズ。
「大谷-黒田」がらみの話題も多くて、記憶に残る日本シリーズになりました。

あわよくば、今日、今年で引退する黒田投手の最終登板を見たいと願っていましたが、セリーグをぶっちぎった広島よりも、日本ハムのほうが強かった。

黒田投手の引退は残念でしたが、自分の引き際を自分で決められること。その前に、最後の職場を自分で選んだ姿も見せてもらいました。

よく「アメリカでの多額の年俸を捨てて」という部分で美談化されていますが、お金のために働いていると考えるから、そんな発想になる。お金も大事ですが、自分が居たいと思うところに身を置く。「働く人」として、理想的なことだと思います。

|

« 自己破産をたくさん取り扱う中で見えてくること | トップページ | 予備の応接スペースが役立つ場面 »

世の中の話」カテゴリの記事