« ハプニングが生じた時に考えること | トップページ | 他士業の先生への引き継ぎ »

2016年9月29日 (木)

任意整理後のアフターサービス

Nagare今日は、住宅の建築代金決済に伴う登記。
所有権の保存登記と抵当権の設定登記を申請。

書類が揃った自己破産の申立書類は、裁判所にレターパックで郵送。

和解が整った分割弁済の任意整理は、依頼者の方に、和解契約書と返済計画表の送付。それと、法テラスへの終結報告。

任意整理の和解がまとまった後は、依頼者の方から直接返済していただくを基本としていますが、半数くらいの方が代行弁済を希望されています。

代行弁済の管理手数料、1社300円/月では収益にはならないので、アフターサービスの意味合いのほうが大きいですが、返済期間中に事務所に連絡を取ってもらいやすくなることと、

事務所からの振り込みは、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行宛については振込手数料なしで送金できるので(両銀行を振込先に指定してくる貸金業者が多い)、ご自分で振り込まれる場合の振込手数料も踏まえて、決めてもらっています。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「任意整理」

|

« ハプニングが生じた時に考えること | トップページ | 他士業の先生への引き継ぎ »

司法書士の日常」カテゴリの記事