« 後見人の報酬は裁判所が決めてくれる | トップページ | ハプニングが生じた時に考えること »

2016年9月27日 (火)

「手続きが終わった」と「解決できた」の違い

Dsc_5718ずっと変な天気が続いていたので、まともな晴れ間を見たのは久しぶり。

さて、今日は、朝から大阪市内。
不動産名義変更の書類に、ご捺印をいただきに出向きました。

登記の原因。名義変更をするための「原因」が複数考えられる状況でしたが、税務上のことも踏まえて、一番確実な方法で。

事務所に戻って、新規のご相談。
お会いさせてもらう前に、何度もメールでやり取りさせてもらう中、具体的なお話しをするには、やはり書類を拝見しないと限界があります。

「正式にご相談いただく」のか、「一般的なことをご回答するだけでいい」のか。どこかで線引きさせてもらうことになります。

最後に、登記完了後の書類のご返却。
登記が完了した時。「登記という手続き」が終わった、を意味することが多いですが、今回は「無事に解決できた」でした。無事に解決できて、「本当によかった」と思えるお仕事でした。

|

« 後見人の報酬は裁判所が決めてくれる | トップページ | ハプニングが生じた時に考えること »

司法書士の日常」カテゴリの記事