« 被後見人さんの入院給付金を請求してみて | トップページ | 虫眼鏡を用意しておいた理由 »

2016年9月 5日 (月)

司法書士事務所の存在を知ってもらうことから

Panfu休みの間にご依頼いただいていた、消滅時効援用の通知からスタート。
かなりの遠方からお越しいただいて、そのお気持ちにもお応えしないと…と思っております。

「うちの近くには、司法書士事務所がないから」というお話、時々お聞きします。

しかし、「近くにあっても存在が認識されていない」が正しいところで、まずは司法書士事務所があることを地域の方に知ってもらって、ご依頼していただけるかどうかはそれからです。

消滅時効援用の手続きも、内容証明郵便を使うこともあれば、和解契約書を交わせることが分かっていれば、FAXで通知を済ませたり。相手方の業者の対応も踏まえて、いろいろです。

相続登記の申請。
相続の登記と連件で贈与の登記を入れたり、農地の売買の登記も申請しました。

形のない所から組み立てていく仕事もやりがいがありますし、パズルをはめ込んで仕上げていくような登記にも、やりがいがあります。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「事務所案内」

|

« 被後見人さんの入院給付金を請求してみて | トップページ | 虫眼鏡を用意しておいた理由 »

司法書士の日常」カテゴリの記事