« 阪急線から雨に追われて事務所まで | トップページ | ご夫婦がおられる場合はお互いに遺言書を »

2016年8月25日 (木)

同じ人でも名前の漢字やフリガナが違うとか

Dsc_kouken今日も成年後見関係で、金融機関に届出の手続き。
同じ方であっても、金融機関によって名前の漢字が微妙に違うとか、フリガナが違うとか、そういうことは時々あります。

口座を開設する際、確認手続きがルーズだったのかとも思いますが、そもそも、本人確認書類となる運転免許証にも、名前にフリガナは振られていません。戸籍謄本を取ってもフリガナはないし、住民票にフリガナがある自治体も一部。

これからの時代、名前の漢字を普通に読めない人も増えてくるでしょうから、せめて住民票にはフリガナがあってもいいんじゃないか、と。

それと、戸籍が手書きされていた時代の文字。
役所の人が書かれた文字は結構ルーズです。

この漢字は、本当に意図して使われた文字なのか、いや、単なるクセ字だったのではないかと、そんなことを考えることもあります。

|

« 阪急線から雨に追われて事務所まで | トップページ | ご夫婦がおられる場合はお互いに遺言書を »

司法書士の日常」カテゴリの記事