« 「ご本人と直接」のやり取りが基本 | トップページ | 自由業である司法書士にとって休みとは? »

2016年8月10日 (水)

通帳の管理を他人に委ねること

Dsc_shinoosaka今日は、被保佐人さんの定期訪問。
登記が完了したので、金融機関への書類ご返却。
それと、任意整理の新規のご相談。

新大阪駅を歩いていると、旅行用のスーツケースを引いている人が多くて、いつもの土曜日のような雰囲気。

被保佐人さん宅には、通帳のコピーをファイルに綴じて、置いてきました。
毎月、最新のページを差し替えることにします。

財産管理の代理権を与えられた保佐人が、「通帳を管理する権限がある」というのは法律上の話で、気持ちの面で納得されているとは限りません。私であれば、他人に管理されるのは嫌だと、普通に思うでしょう。

「通帳を返して欲しい」といったお気持ちはできる限り理解しつつ、関係作り、環境作りを考えていきます。

|

« 「ご本人と直接」のやり取りが基本 | トップページ | 自由業である司法書士にとって休みとは? »

司法書士の日常」カテゴリの記事