« 岸和田市役所のレトロな雰囲気 | トップページ | 家計を分かりやすくするポイント »

2016年7月14日 (木)

費用のやり取りは業務の大事な要素

Genkan今日は、遺言書打ち合わせの打ち合わせ1件。
不動産売買契約への同席が1件。

いずれも、お見積りを出した段階なのに、「先に支払いを」と手続き費用を持参してくださりました。ありがたいことです。

建前上、費用は「先払い」を原則としながらも、実際には、業務がひと段落した時に請求書をお出しすることが多いです。それで回収不能に陥ることは、1年に1回あるかどうか。

「実費だけは先に」と言っていたこともありますが、基本的に、信頼関係を元にお仕事させてもらっています。

依頼者の方とトラブルになりやすいのは、最初から「費用は安くして欲しい」とか、話の出発点がそのあたりにあることが多いです。それは間違いのない傾向なので、「安くして」のお話はお受けしません。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「手続き費用一覧」

|

« 岸和田市役所のレトロな雰囲気 | トップページ | 家計を分かりやすくするポイント »

司法書士の日常」カテゴリの記事