« 司法書士が必要な時にお声を掛けてもらえるように | トップページ | 嫌な場所なのは痛い思いをするから »

2016年7月11日 (月)

おひとりおひとりと接する時間

Panfuお客様から「この話、こないだもしました?」「こないだも言ったのですが」と言われると、ドキッとします。

私の記憶力はいいほうだと思いますが、日々上書きされていくので、お客様との全ての会話を記憶するのは困難。なので、要点はこまめにメモを残すようにしていますが、それでも網羅するのには限界があります。

今日は、自分のことで皮膚科に行って、改めて思ったこと。

患者にとっては、唯一の医者。
その場で言われたことは、鮮明に覚えています。
しかし、医者にとっては、一日の中でたくさん接する患者のひとり。

司法書士として、日々接するお客様との時間。
おひとりおひとりと接する時間を大事しないといけない、です。

|

« 司法書士が必要な時にお声を掛けてもらえるように | トップページ | 嫌な場所なのは痛い思いをするから »

司法書士という仕事」カテゴリの記事