« 来客や訪問があるから事務仕事がある | トップページ | おひとりおひとりと接する時間 »

2016年7月 9日 (土)

司法書士が必要な時にお声を掛けてもらえるように

Dsc_5378堺でも、朝から猛烈な雨。
先週末からいきなり真夏の気候になって、身体が悲鳴を上げていましたが、梅雨空に戻って涼しくなると、それはそれでストレスです。

今日は、来客が1件。

売買の登記が完了したので、権利証(登記識別情報通知)のご返却。
引き続き、他の不動産について、相続登記のご依頼。

「個人のお客さんは、継続性がないからやらない」という人もいますが、決してそんなことはないです。

住宅ローンを組んで不動産を購入されたら、いずれ抵当権の抹消手続きをされる時がきます。ご両親が亡くなられたら相続の手続きもあるし、生前には、遺言書を作られたり、成年後見の手続きをしないといけない時がくるかもしれません。

「また何かあったらお願いします」と言って帰られる時に、「もう何もないほうがいいのですが」と苦笑いされることも多いのですが、必要がなければ連絡を取らなくても、司法書士が必要な時が来れば、またいつでもお声を掛けていただけるように。

ひとつのお仕事が完了する時は、いつもそんな思いでおります

|

« 来客や訪問があるから事務仕事がある | トップページ | おひとりおひとりと接する時間 »

司法書士の日常」カテゴリの記事