« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

夏季休暇まであと8営業日

Dsc_4471事務所の夏季休暇は、11日(木・祝)から16日(火)まで。

休暇に入るまで、あと8営業日。
ここからが慌ただしくて、休みもあっという間に終わり、気付いたらもう8月の後半かとため息をつく。毎年そんな感じです。

この時期になると、ずらして休暇を取られている方の情報が入ります。
「うらやましいなぁ…」と思う反面、私の場合、「電話ください」という連絡が入る環境にある限り、休みにはなりません。なので、「交替で休む」という選択肢は、あえて消しています。

休暇だからって、やることが無くなることはないのですが、長期の休暇でないとできないことは、個々の業務からできるだけ離れて、日々の仕事のことを考えること。

「休むために仕事をする」「仕事のために休みを取る」。
乱れたバランスを整えさせてもらえるのが、長期の休暇です。

|

2016年7月30日 (土)

お客さんが来るからできる窓掃除

Dsc_5481自宅への来客を前に、ベランダの窓掃除。
毎年この時期。年末でもできないことなので、1年に1回の行事です。

自分たちだけが過ごす場所ならどうでもいいけど、お客さんが来るならきれいに。

そういう意味では、直接・間接問わず、他人の目が自分の行動に与えている影響は大きいのだと思います。

事務所の窓ガラスは、去年の年末に業者さんに掃除をしてもらいましたが、薬剤を使われたからでしょうか。雨が降った後、汚れが残るようになりました。

水洗いしてから、タオルで空拭き。
きれいな状態が長持ちするようにと思いを込めて、拭き上げます。

|

2016年7月29日 (金)

事務仕事が詰まってきた週末

Dsc_file今日は、最終的には打ち合わせ2件。営業さんの訪問が3件。

広告にコピー機と、日々いろいろな営業さんが来られますが、「全て断るように」は徹底しています。時々、そのブロックをすり抜けて話が届くこともありますけど。

無理矢理頼んでもらっても、お互いにとっていいことはありません。
押し売りするのもされるのも嫌い、です。

さて、事務仕事が詰まってきた週末。

「今週中」と自分で期限を切っていたお仕事は、「少し遅れます」とお電話しようかと迷いつつ、仕上げることができました。時間に追われるのもいいことはないですが、切羽詰まっているから出せる力もあります。

|

2016年7月28日 (木)

「早く進めたい」ご意向を踏まえて

Dsc_annai今日は、大阪地裁で自己破産の申し立て。
郵送で申立書を送ってもよかったのと、「来週でもいいんじゃない?」と私は言ったのですが、スタッフが「大丈夫ですから」と。

もっとも、出掛ける直前まで管轄が堺だと勘違いしていたようで、大阪地裁まで行くとなると、時間の段取りが全然違ってきますが、「早く進めたい」という依頼者のご意向があったので。受任してから、1か月半での申し立てです。

債務整理の手続きで、依頼者の方に急かされるようなことは少なくて、その逆で「後回し」の思考に陥っておられることが多いですが、事務所としては案件が溜まってくると大変。早期の申し立てが理想です。

別件の消滅時効援用の手続きは、債権者の処理が終わっていることを確認して完結。

後見の申立書類のチェックが2件、不動産登記の見積書の作成が2件。
現行定款作成の依頼もありました。

設立時からうちが関与させてもらっていれば、現行定款の作成は簡単ですが、データーがなければ大変。しかし、途中で司法書士事務所を変えて下さったということなので、コツコツとさせてもらいます。

|

2016年7月27日 (水)

事務所に戻れる時間は貴重

Dsc_osaka午前中は、大阪市内で住宅ローンの金消契約の立ち会い。

同銀行内での借り換えということで、金消契約と同時に融資の実行。
その場で、抵当権の設定書類と抹消書類を受け取って、堺の法務局に登記の申請です。

同銀行内での借り換え。変動から変動への借り換えで、金利が2%以上下がりました。
諸費用がかかるとしても、借り換えのメリットは大きいです。

午後からは、売買の立ち会いを前に、事前確認のご訪問。
一旦事務所に戻って、空き家管理のお客様ご紹介のためご訪問。
もう一度事務所に戻って、被補助人さん宅を定期訪問。

詰まった外出予定も、堺市内の中でもご近所ばかり。
書類を持ち替えることができたり、スタッフと会話することができたり、ちょっとした時間でも、事務所に戻れる時間は貴重です。

|

2016年7月26日 (火)

司法書士としての判断が求められる部分

Dsc_kouken今日は、新規のご相談。
成年後見人の候補者にしていただく前提で、後見の申し立て手続きに着手です。

私自身が後見人等に就任中なのは、現在7件。
プラス、死亡により終了した2件については、相続登記がまだであったり、不動産の売却がまだであったりで、完結はしていません。

事務所の山下司法書士に受任してもらっている後見事案は、山下司法書士に直接会いに行ってもらいました。

自己破産や個人再生でもそうなのですが、本職でないとできないこと。

司法書士が直接ご本人と向かい合って、いろいろと判断しながら進んでいかないといけないので、「事務員さんを雇用して数をこなせる」という業務ではないのが難しいところであり、やりがいのある部分でもあります。

|

2016年7月25日 (月)

相続手続きで戸籍謄本が揃うまでの期間

Dsc_5471朝から、自己破産の陳述書(具体的事情)の入力。
「これを終えないと、他のことはしない」と、集中してやらないとできない作業です。

その他事務仕事では、相続放棄申述書を裁判所に発送。
第2順位の相続放棄が終わったので、第3順位の相続人さんの手続きに。

戸籍謄本の収集が終わった相続登記は、遺産分割協議書の作成など、次の段階に進みます。

相続手続きに必要となる、戸籍謄本が揃うまでの期間は、だいたい2週間程度でしょうか。「費用がかかってもいいので、戸籍は事務所で集めてください」とご依頼を受けるケースが多くなっています。

外出は、被後見人さんの施設に、費用支払いのためにご訪問。
それと、行政書士の職務上請求書で戸籍謄本を取得するため、堺市役所に。行政書士としての補助者はいないので、私自身が行動。もしくは、郵送での請求となります。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト 「相続人の調査」

|

2016年7月22日 (金)

外出続きの一週間

Dsc_5465今日は、淀屋橋で不動産売買の立ち会い。

売主さんは、元々私のお客様。
仲介業者さんと買主側司法書士さんとも面識あり。タイミングの問題もあって、名刺を一度も出さずに終了しました。

そのまま、堂島に移動して、金融機関で抵当権設定登記の書類をお預かり。

大阪駅前第3ビルで昼食、弁護士ビルで登記関係書類のお預かり、交野市の金融機関に書類のご返却と、東へ東へと移動。地下鉄南森町駅と同じ場所にあるJRの大阪天満宮駅は、何気に役立ちます。

今週は毎日バタバタとしていましたが、事務所の応接スペースでの打ち合わせはゼロ。
外出続きの一週間でした。

|

2016年7月21日 (木)

移動距離の短さよりも移動時間を早く

Dsc_5463今日は、泉北郡忠岡町で打ち合わせ。
その足で、堺東の公証役場に向かって、遺言公正証書の証人として立会い。

忠岡と堺東。
両方とも大和川より南にある駅ですが、路線検索では「天下茶屋経由」が早く着けると出るので、一旦大和川を渡って大阪市内に。天下茶屋駅で乗り換え。

大阪市内で人に会うと、「わざわざ堺市から?」「堺って遠いんじゃ?」と言われることも多いですが、移動距離よりも移動時間。三国ヶ丘駅にはJRの快速が停まるので、電車に乗ってしまうと早いです。

車の移動でも同じで、高速道路の出入り口が近くにあるかどうか。
高速道路に乗ってしまうと早いので(渋滞のリスクは別として)、移動時間を考えると、仕事をしていく中で、そこそこ大きな要素です。

|

2016年7月20日 (水)

変化の中から今の状況を見る

Dsc_5461朝から被保佐人さん宅をご訪問。
ご自宅に不在でしたが、「ここら辺りかな」と探しているうち、喫茶店でお会いできました。

午後からは、大阪市内。後見申立の打ち合わせ。

家庭裁判所での、申立人面談の希望日。
別件の予定とかぶりましたが、事務所の司法書士と代わってもらって解決。

最近、予定のかぶることが多いですが、複数の司法書士がいてくれているので、何とかクリアできています。

そのまま、被後見人さんの施設をご訪問。
社会福祉協議会の方も同席されて、「あんしんさぽーと」は解約の手続き。

新しく後見人に就任させてもらった方ですが、私自身、申立前から関与させてもらっていて、ケアマネさんも以前に担当してもらっていた方ということで安心。

今のことだけであれば、誰でも見れることかもしれませんが、変化の中から今の状況を見ることで、「今」の見方も違ってきます。

|

2016年7月19日 (火)

徒歩3~4分の距離がボーダーライン

Dsc_yao梅雨が明けて、暑い夏が本格的に始まります。

午前中は、淀屋橋で新規のご相談。
そのまま交野市に書類のお届けに行く予定が、時間が押していたので、近鉄八尾行きに変更。八尾駅前の金融機関に、登記完了後の書類をお届け。

少し歩くだけで汗が流れてくるので、目的地が駅前にあることが、どれだけありがたいことか。自分の事務所、三国ヶ丘駅を出てから歩く、徒歩3~4分程度の距離がボーダーライン。

事務所に帰って、事務仕事の整理をしつつ、ハウスメーカーさんに登記完了書類のお届け。

完了した相続登記は、レターパックで依頼者宅に送付。

和解がまとまった過払い事件は、17条決定の上申書を裁判所に送信。17条決定が可能な裁判所なのかどうか、地方の裁判所でも、消費者金融の担当者は把握しています。

|

2016年7月18日 (月)

九州ふっこう割2

Dsc_5428熊本での2日目。

観光特急『A列車で行こう』で、三角まで40分。
三角から『天草宝島ライン』の高速船で、天草方面の前島まで移動。所要時間15分程。

天草も広くて、いろいろ回ろうとすると時間が足りなさ過ぎるので、『天草宝島ライン』の途中で下船。

旅館で日帰り入浴をして、海沿いに新しくできた施設『リゾラテラス天草』にて。

小さな島があって、船が離発着するシーンを見ながら、海風に吹かれながらボーっとした時間。普段背負っていることを、忘れさせてもらえた時間でした。

旅のきっかけは、「ふっこう割」。
今まで、遠い遠いと感じていた熊本も、1泊でも十分楽しめることが分かりました。自分の知ってる範囲で行動していたら、知ってるものしか見えない。

旅の行き先は思い切って、行動範囲を広めてみようと思えた旅でした。

|

2016年7月17日 (日)

九州ふっこう割

Dsc_5405熊本に来ました。
新大阪から『さくら』で3時間15分くらい。博多からは、意外な程早かったです。

熊本地震から3か月。

まだまだ揺れているし、最近は大雨も続いていたようで、予約した後も大丈夫なのかと不安もありましたが、国の助成制度「九州ふっこう割」を使って。新幹線代と宿泊代(食事なし)、2人分で合計33,600円は破格のプランです。

災害があっても、地元の方は、日常の中で生計を立てて行かないといけない。
ホテルの部屋からも見えるブルーシートや、「危険」の貼り紙がある傾いた建物を見ると、複雑な気持ちになりますが、

自分自身が楽しんで、自然にお金を使って帰ること。その積み重ねで、経済が回っていくのではないかなと思います。

熊本城は見えませんでしたが、路面電車で移動して、馬刺しを食べて。記憶に残る旅になります。

|

2016年7月15日 (金)

家計を分かりやすくするポイント

Dsc_kakei朝から、和泉市の会社さんをご訪問。
変更登記の書類にご捺印をいただき、登記の申請に。

住宅新築に伴う登記は、所有権保存~抵当権設定の登記が2つ完了したので、書類のご返却準備。

登記の内容は同じだとしても、それぞれの建築会社さんのやり方に沿って、手続きさせてもらいます。

申立済みの個人再生事件については、裁判所に「追加」でと指示された1ヶ月分の家計表を提出。家計表ひとつ作るにしても、資料があちこちに散らばっていると、結構大変。

通帳はできるだけ1つにまとめるほうがいいです。
給料振込口座、住宅ローンの返済用口座、保険料の引き落とし用口座・・・と、預金口座がたくさんあるとそれだけで管理が大変なので。

光熱費はコンビニ払いではなく、口座引き落としにするなど、家計を分かりやすくするポイントはいくつかあります。

|

2016年7月14日 (木)

費用のやり取りは業務の大事な要素

Genkan今日は、遺言書打ち合わせの打ち合わせ1件。
不動産売買契約への同席が1件。

いずれも、お見積りを出した段階なのに、「先に支払いを」と手続き費用を持参してくださりました。ありがたいことです。

建前上、費用は「先払い」を原則としながらも、実際には、業務がひと段落した時に請求書をお出しすることが多いです。それで回収不能に陥ることは、1年に1回あるかどうか。

「実費だけは先に」と言っていたこともありますが、基本的に、信頼関係を元にお仕事させてもらっています。

依頼者の方とトラブルになりやすいのは、最初から「費用は安くして欲しい」とか、話の出発点がそのあたりにあることが多いです。それは間違いのない傾向なので、「安くして」のお話はお受けしません。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「手続き費用一覧」

|

2016年7月13日 (水)

岸和田市役所のレトロな雰囲気

Dsc_kishiwada今日は、8時半に東大阪で登記申請。
法務局の受領証明を金融機関に届ける(FAXする)ことが、融資実行の条件だったので、朝一番に申請。

通勤ラッシュで満員。
電車は遅れているし、雨は降るし、蒸し暑いしで、事務所に戻った時点でぐったり。シャツ・カッターも着替え。

わずかな空き時間にいろいろと事務仕事。
土地家屋調査士さんから、表示登記の完了書類が届いたので、枚方の法務局に登記申請。

私は、11時には、岸和田の会社さんをご訪問。
そのまま、岸和田市役所、大阪法務局と車で移動して、証明書類の取得。

岸和田市役所は、レトロな雰囲気のまま。
今まで、「役所の建物にお金かける必要はないんじゃないか」と思っていましたが、災害が起きた時のことを思うと、そうではないのかもしれない、と。

夕方には、新規のご相談。
そのまま受任。

進んでいくお仕事もあれば、新しく入ってくるお仕事もあり。良いサイクルで動いています。

|

2016年7月12日 (火)

嫌な場所なのは痛い思いをするから

Topimg05午前中は、八尾市で不動産売買の立ち会い。
個人間の売買取引で、登記費用は全て買主さん負担のお約束。

大阪の売買では、「売主の売渡し費用は、売主負担」が通常ですが、お互いで合意していただければ、慣例に拘束されるわけではありません。

では、身内での登記。
例えば、贈与の登記費用、財産分与の登記費用は、通常はどちらが負担するのですか。
そう聞かれることもありますが、それは当事者のお話し合い次第、ということで。

午後からは、相続の打ち合わせで大阪市内をご訪問。

それと、今日も私用で歯医者に。
気になることがあった+予約をした昨日は時間の余裕があった、ためですが、定期的なメンテナンス。

歯医者はできればお世話になりたくない場所ですが、定期的なメンテナンスを続けることで、虫歯になるリスクを減らすことができる。痛い思いをしなくて済むであれば、歯医者が嫌な場所ではなくなります。

|

2016年7月11日 (月)

おひとりおひとりと接する時間

Panfuお客様から「この話、こないだもしました?」「こないだも言ったのですが」と言われると、ドキッとします。

私の記憶力はいいほうだと思いますが、日々上書きされていくので、お客様との全ての会話を記憶するのは困難。なので、要点はこまめにメモを残すようにしていますが、それでも網羅するのには限界があります。

今日は、自分のことで皮膚科に行って、改めて思ったこと。

患者にとっては、唯一の医者。
その場で言われたことは、鮮明に覚えています。
しかし、医者にとっては、一日の中でたくさん接する患者のひとり。

司法書士として、日々接するお客様との時間。
おひとりおひとりと接する時間を大事しないといけない、です。

|

2016年7月 9日 (土)

司法書士が必要な時にお声を掛けてもらえるように

Dsc_5378堺でも、朝から猛烈な雨。
先週末からいきなり真夏の気候になって、身体が悲鳴を上げていましたが、梅雨空に戻って涼しくなると、それはそれでストレスです。

今日は、来客が1件。

売買の登記が完了したので、権利証(登記識別情報通知)のご返却。
引き続き、他の不動産について、相続登記のご依頼。

「個人のお客さんは、継続性がないからやらない」という人もいますが、決してそんなことはないです。

住宅ローンを組んで不動産を購入されたら、いずれ抵当権の抹消手続きをされる時がきます。ご両親が亡くなられたら相続の手続きもあるし、生前には、遺言書を作られたり、成年後見の手続きをしないといけない時がくるかもしれません。

「また何かあったらお願いします」と言って帰られる時に、「もう何もないほうがいいのですが」と苦笑いされることも多いのですが、必要がなければ連絡を取らなくても、司法書士が必要な時が来れば、またいつでもお声を掛けていただけるように。

ひとつのお仕事が完了する時は、いつもそんな思いでおります

|

2016年7月 8日 (金)

来客や訪問があるから事務仕事がある

Dsc_4597今日は一日事務仕事。
最近は外出続きだったので、平日に、来客も訪問もなかったのは6月2日以来。久しぶりです。

私の事務所が、今まで多くのお仕事を受けて来られたのは、「来店型」の司法書士事務所。お客様に事務所に来ていただくのを基本にしてきたから。

会社のお客様はご訪問のほうが多いですが、個人のお客様は事務所に来て下さる。

そのため、駅近くに事務所を置いて、営業時間中は誰かが事務所に居ますが、一日事務所に居ると、どれだけ仕事がはかどることか。

とはいえ、司法書士の仕事は、デスクワークだけにあらず。
人と会って、現場を見て、その上で事務仕事がある。

最近は特に、そんな感じです。

|

2016年7月 7日 (木)

今週は早出で事務仕事

Dsc_5374今週は、毎日1時間半~1時間の早出。
もう少し寝ようかと迷うところで、あれもまだこれもまだと頭に浮かんで来て、早く起き出すことになります。

しかし、早く起きて仕事ができるのも、よく眠れているおかげです。

一時期、政府がしきりに「サマータイム導入」を言っていましたが、みんなが同じことをやるのは無理だし、みんなと同じことをしても意味がない。早出を強制されるのも嫌。電話の鳴らない静かな時間の中で、そう思います。

今日は、被後見人さんの施設に行って、堺東に登記完了書類を受け取りに行った以外は、日中も事務仕事。

不動産売買の見積もりに、相続登記の書類確認。
保佐人の就任報告は、裁判所とリーガルサポートを同時に。
建設業許可の更新の準備、後見申立の準備など。

明日も時間指定の予定がないので、明日こそは遅れている分を解消します。

|

2016年7月 6日 (水)

1.2万歩超えに続いて1.3万歩超え

Dsc_5371000今日は、11時に新大阪。
13時に、淀屋橋で登記完了書類のお届け。
14時半に、近鉄八尾で金消契約の立ち会い。
そして、17時半には事務所に来客。

時間の重なった後見申立の面談は、山下司法書士が担当。

被後見人さんの退院に伴う支払いは、担当スタッフに行ってもらいました。
入院されていた2週間の間、あちこちからの連絡に追われてましたが、「携帯電話は緊急時のみ」にしてもらうべしなのは、今後の教訓。

昨日の1.2万歩に続いて、今日は1.3万歩。
「この暑さはおかしいでしょう」と思いながら、動きまわった2日間です。

|

2016年7月 5日 (火)

「どこでも仕事できる環境」にはなく

Dsc_itami朝7時から8時までは、メール返信の時間。

10時には、伊丹の裁判所。
伊丹の裁判所は市役所や法務局が固まって存在する場所で、意外なほど小さな建物。

13時には、豊中でのお約束。
どこかで時間を潰して直接移動するつもりでしたが、1時間でもデスクワークの時間が欲しくて、一度事務所に戻りました。私の場合、「どこでも仕事ができる」環境にはありません。

豊中から戻って、ハウスメーカーさんで書類の受領。
次の予定がある中、突然の来客もあって、慌ただし過ぎる一日でした。

|

2016年7月 4日 (月)

エアコンの設置場所で気を付けること

Dsc_5367いきなり暑くなったので、自宅で眠っていたサーキュレーターを持ち出しました。

これで少しは風が回ってくれたらいいですが、そもそものミスとして、エアコンの設置場所を、各自の身体の近くに持ってきたこと。いくら暑くても、エアコンの風が直撃するのはストレスなので、一番冷える場所は、無人のスペースにすべしです。

今日は、10時半から新規のご相談。
急ぎの変更登記のご依頼で、14時に泉大津。
15時半には、新規のご相談。
16時半には、打ち合わせ。

事務所として、チームで動いているので、何とか成り立っている毎日です。

|

2016年7月 3日 (日)

ランチ・昼寝・映画と自家製餃子

Dsc_5361今日は、完全休養日。
真夏のような日差しの中、ランチを求めて「けやき通り」をブラブラ。

はじめてのそば屋さんに入りました。
「そば切り 摂河泉」は、店構えからして独特。

1時間半昼寝をして、身体が軽くなります。
窓を開けたまま、穏やかな時間の流れ。

夕方からは、三浦友和主演の映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を見ながら、自家製の餃子作り。

定年直前になって、離婚届を渡された仕事人間の夫。

「離婚届けは出したらあかん」と感情移入して見ていたけど、離婚届を出してしまった。
「映画だからハッピーエンドだろう」と分かっていたけど、想像を上回る終わり方。最後の最後になって、やっと素直に愛を伝えられた夫の姿に、心が動きました。

|

2016年7月 2日 (土)

ゴム印は司法書士事務所の必需品

Dsc_5355司法書士事務所の必需品。

印鑑ケースの中で散乱していたゴム印を整理。
軽く拭いて、「紅組」「黒組」を左右で分けました。

例えば、「住所と名前」「原本に相違ない」のゴム印は黒。
「原本還付」「正・副・控」のゴム印は赤、と決めていますが、

複数の人が使うスペースなので、黒用ゴム印の保管スペースに赤のゴム印を置いてしまうと、少しずつ色が混じってしまいます。

お客様に見える部分ではないし、細かいことを気にするより、仕事のスピードを速くすることが大事ですが、「左は赤」「右は黒」。どこまで混じらずにいけるか、ちょっと楽しみにして見ています。

「乙号同時申請」。
もう使うことがないであろうゴム印も、長年の思い入れがあって、捨てられずに横に避けてあります。

|

2016年7月 1日 (金)

事務所のラインの記事数50件超え

Dsc_5351交野市の金融機関で、抵当権設定書類の受け取り。

星田駅は、親戚宅の最寄り駅。
子供の時はよく遊びに行ってたはずが、少なくともこの30年は駅を降りていない。大きく変わっているであろう駅の姿に、懐かしい感覚もなく、ああこんな所だったんだ、と。

大阪市内に戻って、不動産売買契約の立ち会い。
「権利証がない」という情報をお聞きしていたので、本人確認書類作成のため。私の事務所2人も含めて、参加者は12名。

同時刻に行われた不動産売買の立ち会いは、事務所の他の司法書士が担当。

着信音を切っていた間、事務所のラインに入ってた内容に動揺し、地下鉄は2駅乗り過ごし。

事務所内の事務連絡に使っているラインの記事数は、50件超え。
事務所開業14回目の記念日だったのに、いろんなことがあって、お祝いムードはなしです。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »