« 大体でも分かる時と分からない時 | トップページ | 名前が違えば別の人生を歩んでいる »

2016年6月 4日 (土)

『かわいらしい声』をされた女性

Dsc_tel_3先日、お客様との雑談の中で、「かわいらしい声をされた女性、いったい何人居られるのですか?」と聞かれました。「かわいらしい声」というのは、事務所に電話を掛けて下さった時の印象で。

確かに、特にスタッフの2人は声の高さが似ていて、私も事務所に電話をかけた時に、一瞬「どっちだ?」と迷うほどです。一人は奥様なんですけど。

電話対応の印象は、人によって、また、その時によって違ってくるもの。
今の時期は、電話先の人が「あっ、新人さんだな」というのも分かります。

いずれにしても、「電話の声がきれい」だと思ってもらえるのであれば、事務所の電話対応そのものに対して、プラスの印象につながるのは、間違いありません。

司法書士のお仕事。「イメージよりも中身」が大事であるのは間違いないですが、お客様に伝わる印象は、目に見えることだけに限らないということ。「どう伝わっているのか」も意識しつつ、接客をしていきます。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト 「スタッフ紹介」

|

« 大体でも分かる時と分からない時 | トップページ | 名前が違えば別の人生を歩んでいる »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)