« 勤務時代を過ごした西天満はずっと特別 | トップページ | 保佐人就任の届出は時間がかかる »

2016年6月14日 (火)

携帯番号を表に出さない理由

Dsc_meishi今日は電話のやりとりに追われていて、何をしているか分からなくなりましたが、「緊急の時はこちらに」と、携帯電話の番号をお渡ししてきた案件もあります。

名刺に携帯の番号を入れていたのは、開業当初、ほんの一時期のみ。
以後は、継続的なお仕事をさせていただいているお客様を除き、携帯の番号はお伝えしないようにしてきました。

出先から、やむなく携帯に携帯からかけると、以後は、全部携帯にかかってくる。
よくあることなのですが、望むことではありません。

土日・時間、お構いなしにかけてこられるのは困るし、事務所に掛けてもらったらご対応できるのに、私が来客中で取れない、とか。外出中に捕まえてもらっても、書類を持っていないと対応ができない、とか。

お仕事は、私個人ではなく、事務所でお受けさせてもらっていて、組織でご対応させてもらっています。

|

« 勤務時代を過ごした西天満はずっと特別 | トップページ | 保佐人就任の届出は時間がかかる »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)