« 久しぶりにブラックボード登場 | トップページ | そして「本当の日常」に戻る »

2016年5月 8日 (日)

「遊びで得たものを仕事に生かす人」

Dsc_5020「師弟(野村克也・宮本慎也著)」

師:野村監督と、教え子:宮本慎也。
両者の原稿を交互に組み込まれる構成になっていることで、野村監督の教え・哲学が、より伝わりやすくなっています。

「どうせ野球の本やろ?」という奥様の冷たい視線は大間違い。

野村監督は、「遊び上手な人とは、仕事モードと遊びモードの時間を使い分け、かつ遊びで得たものを仕事に生かす人のことである」(本書から引用)と書かれていますが、本当にその通り。

自分の好きな世界から、仕事に生かせる考えを取り込んで、人生を豊かにする。
それができたら、こんなに面白いことはないです。

プロ野球の選手。成績や年俸は選手によって大きな差があって、違いが見えやすい世界ですが、みんなが同じように練習して、同じように勉強しているわけではないこと。野球選手に限らず、医者でも司法書士でも、どんなプロで同じことだと思いますが、私自身、最近よく見えるようになってきたことです。

|

« 久しぶりにブラックボード登場 | トップページ | そして「本当の日常」に戻る »

読書・映画の話」カテゴリの記事