« 出張途中のささやかな楽しみ | トップページ | そしてまた図書館で時間調整 »

2016年5月19日 (木)

「任せるわ」の言葉は鵜呑みにしない

Dsc_5224事務所でも家でも、同じことがあります。
私が「任せるわ」と言って何かをやってもらった後に、「何でこうしたの?」と不満を言うことが。

「任せると言ったじゃないですか?」という反論は当然なのですが、思うようにやってもらえなかった側からすると、「そんなことは頼んでいない」となります。

「任せるわ」と言う側にも、考えていることはあるということ。
しかし、任せる側が、「言わなくても分かっているだろう」と思ってしまうのは間違いです。

一方では、「任せる」と言われた側は、「任せるわ」と言った人の意を汲む必要があるということ。

司法書士と依頼者の方との関係で考える時、視野の広さが圧倒的に違います。なので、「任せるわ」と言われても、どこまでを任されているのかをわきまえて。依頼者のご意向を確認しながら、手続きを進めていくことになります。

|

« 出張途中のささやかな楽しみ | トップページ | そしてまた図書館で時間調整 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)