« 今日もみっちりのスケジュール | トップページ | 一年で一番日当たりが良い時期 »

2016年4月13日 (水)

「NO」と言える環境で仕事をすること

Genkan日々、いろいろなお付き合いの中で、お仕事をさせてもらっています。

「お付き合い」がないと生きていけないのは当然のことですが、一方では、付き合いがあるが故に「NO」と言えなかったり、無理強いされたり。

受けるべきではない業務を受けたり、「まあいいか」と妥協してしまうと、トラブルに巻き込まれる確率が高まります。

なので、司法書士という資格者として生きていく上で、「判断を拘束されない」「しがらみに捉われない」といのは大事なところです。

時には、周囲の方と、意見や方針が衝突しそうになることもあるかもしれませんが、私自身はドライな人間なので、「NO」と言うことでお客様を失ってもいい、という覚悟は持っています。

そういう覚悟を持って仕事をしていると、分かって下さる方とだけ関係を築いていけるし、心地いい世界で仕事をすることができるものです。

|

« 今日もみっちりのスケジュール | トップページ | 一年で一番日当たりが良い時期 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)