« 司法書士が使う「事件」という言葉 | トップページ | ほとんどが個人のお客様からの電話 »

2016年4月10日 (日)

中環沿いにマンションのモデルルーム

Photo_2中央環状線沿い、近くの「堺向陵中町郵便局」の隣に建てられていた建物。それらしいなーと思って見ていたら、やっぱりマンションのモデルルームになりました。

新金岡にも、別のマンションが建築中。

新築マンションを買う時は、現物を見る前に契約をして、手付金を支払うことになるのですが、モデルルームでは夢を見せてもらえるというか、建物の形が見えないことのデメリットを、補うだけの雰囲気があります。

買った気になれる、住んだ気になれる。
モデルルームでは、マンションというモノを売られると共に、そこに自分が住んだらどんな生活を送れるのか、という夢も売られている場所です。

新築マンションの登記は、システム上、売主側指定の司法書士が一括してすることになりますが、「どんな流れで手続きが進んでいくの?」「契約や資金繰りで気を付けることは?」といった、購入にまつわるご相談にはお応えしています。

|

« 司法書士が使う「事件」という言葉 | トップページ | ほとんどが個人のお客様からの電話 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事