« 機械化や大量生産と価格の関係 | トップページ | 阪神高速の回数券とか登記印紙とか »

2016年3月17日 (木)

司法書士にも数字の読み書き能力が必要

Dsc_osakakasai大阪家庭裁判所で後見申立の面接。
判断能力の不十分な程度が一番重たい「後見」の「本人申立て」でしたが、ひとまず問題なくクリアできたようです。

事務所に一度戻って、被後見人さんの施設に出向いて、利用料の支払い。ケアマネージャーさんの報告をお聞きして、ご本人の顔を拝見して帰ります。

もう少しで申し立てできそうな個人再生は2件とは、分厚い書類との格闘中。
通帳等から数字を読み取って、どのようにして「今後3年間支払っていけます」と説明できるかどうか。

数字の読み書き能力は、元々司法書士に備わっている能力ではないので、実務で培っていくもの。「読み取って他人に分かりやすく伝える」ことは、どんな仕事でも求められること。

夜は、別件の個人再生の打ち合わせ。
2週間程でほぼ全ての書類を整えていただけて、司法書士が本来力を注ぐべき、「書類作成」の部分に力を注げます。

◎リンク 司法書士吉田事務所 成年後見相談サイト「法定後見」
◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「個人再生」

|

« 機械化や大量生産と価格の関係 | トップページ | 阪神高速の回数券とか登記印紙とか »

司法書士の日常」カテゴリの記事