« 阪神高速の回数券とか登記印紙とか | トップページ | 「神戸みなと温泉 蓮」 »

2016年3月19日 (土)

司法書士事務所における男女のバランス

Dsc_panfuうちの事務所は、私以外は女性なので、人数で考えると1対3。
しかし、年齢のことも踏まえると、うまいことバランスが取れていて、私自身、仕事をやりやすい環境です。

『男性ばかりの職場』『女性ばかりの職場』は、意図して作るのならいいのかもしれませんが、

性別による存在感、考え方であったり、感覚の違いは、何とも乗り越えられない部分があるので、サービス業である司法書士事務所にとっても、そのバランスは大事です。

「女性のお客様だから、女性司法書士がいい」とは限りません。

「男性には言いづらい女性の悩み」はあると思うので、「女性の司法書士さんで」というリクエストが入ることはありますが、「女性同士だから衝突しやすい」という面もあるし、「女医さんはきついから嫌だ」という女性の声も聞きます。

お客様に伝わる『安心』や『安全』というのは感覚的なものですが、その中で、事務所の「雰囲気」というのも重要な要素。

日常の業務では、男女の視点を織り交ぜて進められるという事務所側のメリットと、お客様にとって相談しやすい環境が重なれば、お互いにとっていい関係を築きやすくなります。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「事務所の特徴」

|

« 阪神高速の回数券とか登記印紙とか | トップページ | 「神戸みなと温泉 蓮」 »

事務所経営論」カテゴリの記事