« 「無理です」で解決するとは限らず | トップページ | 司法書士にも数字の読み書き能力が必要 »

2016年3月16日 (水)

機械化や大量生産と価格の関係

Dsc_4765少し空いた時間を使って、眼鏡を作りに行きました。

最近やたらと目がしんどいのは、パソコンの画面を見る時間が長いのと、歳のせいもあるのかなーと思っていましたが、視力を測ってもらうと、眼鏡を付けた状態でも視力0.6しかなかった、とのこと。

1.0見える状態になって、視界も広くなりました。

お店は、『眼鏡市場』と『JINS』で迷いましたが、『JINS』で。
品質の違いは分からないし、品質が変わらないのであれば、安いほうがいいです。

機械化して大量生産して、しかし、その分安くできるのであれば、お客にとってはデメリットがないのでありがたい存在ですが、司法書士業界に当てはめて考えたらどうでしょう。

司法書士の仕事は、「機械化できるから安くなる」とは限りません。

大きな事務所だから安いということはないし、小さな事務所だから高いということもないし、結局のところ、安くしなくても依頼があるなら、効率の良い仕事はどこまでも生産性が高くなりますから、眼鏡の業界とは違って見えます。

|

« 「無理です」で解決するとは限らず | トップページ | 司法書士にも数字の読み書き能力が必要 »

司法書士の日常」カテゴリの記事