« 「112日間のママ」 | トップページ | 「無理です」で解決するとは限らず »

2016年3月14日 (月)

遺言書の作成と祭祀承継者の指定

Dsc_4604今日も朝から、名義変更のことをお墓で聞き込み。
午後からは、公証人に出張してもらって、死後事務委任契約と遺言書を公正証書で作成。

遺言書を作られる際、「祭祀を主宰する人の指定をされますか」とお聞きすると、ほとんどの方が「そこまで書かなくても・・・」と言われます。

しかし、今回の事例を踏まえると、祭祀承継者の指定を遺言書に入れないことで、また、お墓の名義変更手続きをしていなかったことで、後で困ることになる可能性がある、という結論です。

新規のご依頼は、相続による名義変更。

「今から行きます」とお電話をいただいて、15分ほどでお越しになられました。
遺言書の他、全ての書類が揃っていたので、委任状をいただいて登記の申請へ。

その他、登記の見積もりのことで手間取り、机の上が散らかったまま終了です。

◎リンク 司法書士吉田事務所 成年後見相談サイト「死後事務委任契約」
◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「公正証書遺言の作成」

|

« 「112日間のママ」 | トップページ | 「無理です」で解決するとは限らず »

司法書士の日常」カテゴリの記事